ドイツかぶれの徒然

英語が嫌いで気づいたらこうなっていた。最近は「君の名は。」ネタばかり書いていてタイトル詐欺

ユーフォの劇場版

遅ればせながら、見てきました。というのも、布教しようと口説いていた友人と予定がなかなか合わなかったもので。自分にとっては新規カット探しが楽しく、布教用としても丁度いい仕上がりだったのかなって思います。

 

みぞれちゃんがしゃべったああああああああああああああああああ

 

しかしね、キャラの動きはほぼそのままで使いまわし部分までそのままだったのに、楽器のカットはずいぶん変わってませんでしたか? ディティールが加わってたりとか、例の浮くスライド事件のところとか。

布教相手がホルン吹きだったので、マッピ投げるし→マッピに手を掛ける のシーンもあるかと思ったのですがそこはカットされてましたね。あと久美子の鼻血シーンが無くなっちゃったのは映倫的な問題でしょうか。

高坂さんが自転車で通りかかるシーンが追加されたのは、高坂さんが久美子をストーカーしていた疑惑を晴らすため? 宇治橋からの位置関係で、なぜか高坂さんが学校と反対の向きからやってくるという点は解消されてないんですけどね。まぁそもそも、「黄前さんらしいね」のシーンがなかったのですが。

というか久美子と麗奈の声が全面的に録りなおしだったと思うのですが、ちょっと演技しすぎな感じがしてTVシリーズのほうが好み。素人くささが好みなんていったら、プロの声優さんには失礼かもしれないですが。いわゆるアニメキャラっぽさがでてしまった感じがする。

あとは全体的にゆっくりとしたテンポのアニメの中でこそ、葉月ちゃんの告白→玉砕の甘酸っぱい苦さが際立ったと思うのですが、劇場版のカットされまくりの中ではただの省略の一種に見えてしまったかもしれない。

そもそもが、4時間半の映画を見ているかのような無駄な時間のない1クールでしたからね。それでも演奏シーンをほとんど削らなかったのはすごいと思います。三日月の舞やライディーンには新規カットも入ってましたし。

そうそう、三日月の舞といえば最近ようつべに海外の団体が演奏した動画も上がってます。吹奏楽の世界って広いようで狭いんですね。(ただし耳レイ○注意です)

 

前に論考しようとして力尽きてましたが、吹奏楽曲としての「三日月の舞」は、少なくとも原作二巻の内容を踏まえながら(オーボエのソロがあるため)、一方で三巻の内容とは若干の矛盾がある(ユーフォのソロがあるため)と思っているので、そのあたりどう上手に解消してくれるかなというのも気になっています。

少なくとも、この劇場版でもオーボエのシーン、エンディングの吹奏楽版と新規録音の吹奏楽の音も入ってましたから、二期に向けていろいろ録音してるんだと思います。3巻の登場曲数の事を思えば、そこまで行くのかな・・・・・・? という期待が高まりますね。

 

なんか、秋が待ちきれないので(そして夏も何見ればいいんだという……)、塚口とかで上映始まったらまた一人で見に行くかもです。

 

-- 8/10 :で、また見に行ったのですがマッピに手をかけるシーン見逃してただけだったみたいです。