ドイツかぶれの徒然

英語が嫌いで気づいたらこうなっていた。思い出したように更新するただの生存報告になりつつある

アニメ

響け!ユーフォニアム。映画二作目と「波乱の第二楽章」

二週目も見てきてしまいました! というのも、のぞみぞれの色紙がどうしても欲しかったから! 1/2の確率だったけど引けた! 一週目は大阪駅の上のとこ、二週目は新京極で見てきましたが、大阪駅のほうが音響が流石によかったですね。 そういえば本物の「…

ユーフォ映画見てきました!

きました! 銅賞版の三日月の舞がほんとよかった! そして次回作の副題がドイツ語だった! (注※ このブログは日常の中でドイツ要素を見つけたときだけネタにするブログです。) もともと原作二巻分の中身だった二期の総集編ということで、実質後半の三巻目…

ユーフォIIのサントラ

今日届きました。聞きました。 Disk3の三日月の舞がすごいよ !なにこれ格好いい! アニメでの関西大会の演奏は、作画の神具合に隠れてかしりませんがあまり突っ込まれることはなかったと思いますが、少し物足りなく思っていたんです。なんだか金管楽器が自…

君の名は。は一般向け作品なのか

アクセスログを見てると、どうやら「この作品って自分でも楽しめるのかな?」といった動機で検索されてここにたどり着く人が多いようです。 個々人の事情まではわかりませんが、私から言えるのは「この作品に興味を持って検索している時点で、貴方はこの作品…

君の名は。 と凪のあすから

いや、好きなアニメだから並べてみただけじゃなくて。新海さんのツイッタ見に行ったらこんなことが書いてあるじゃないですか。 三葉の名の由来、直接的にはミヅハメ、水の女神からです。が、ご指摘のやなぎなぎさんの『三つ葉の結びめ』はとても好きな曲で、…

君の名は。で新海誠監督を知った人へのリンク集

意外と多くの人にとって初めて知った名前だったらしい新海さん。かなり前から国内外でアニメ好きには知られていたのですが。 今までに映画を5作発表しています。そのハイライトが以下にまとめられています(後半は「君の名は。」の予告です。 www.youtube.co…

君の名は。 二度見!

こんなに短期間に二度見することになるとは・・・いやぁ発作がとまらなくて(ぁ ネタバレはほとんどないですが、相変わらず見た後のほうが楽しめる記事になります。 前回があまりに超満員すぎたので、近所の小さめの映画館へ。それでも平日のこの映画館にして…

君の名は。 ネタバレと妄想編

我慢できなくて夜も書く! 今回はネタバレというか、見てないとわからないネタ満載で書きます。 1.なんで親父さん説得できたの? 見た感じ、ここが結構議論が分かれてるみたいなんですよねー 確かに劇場で見てた時は、ここから怒涛の親子の和解! ……が描か…

君の名は。 というより新海さんについて徒然

一昨日見て、昨日はほかの人の感想とか見る前に自分の感想を書いたのですが、その後いろんな人のネタバレ考察とかも見て思ったことをさらに記事にします。今回もネタバレはないはずです。けど、作品を見る前に読むようなおすすめ記事じゃないです。 てか、産…

君の名は。

昨日見てきました。えっちょっとまってなんで一番大きなスクリーンなのなんで売り切れてんのなんでその次も満員なの ネットではけっこう話題になっていたとはいえ、新海さんのネームバリューも上がったもんだな……とか生意気なことを考えてしまいました。 い…

ユーフォの劇場版

遅ればせながら、見てきました。というのも、布教しようと口説いていた友人と予定がなかなか合わなかったもので。自分にとっては新規カット探しが楽しく、布教用としても丁度いい仕上がりだったのかなって思います。 みぞれちゃんがしゃべったあああああああ…

”ディストピアもの”のディストピア観

再び完全な思うまま雑記。ディストピアが何かはぐぐってうぃきってください。 ”ディストピアもの”には勿論作者の(そして社会の)考えるディストピアのあり方が反映されている。それは実世界において最も忌避されることであるからディストピアものとして成り立…

凪あすの聖地巡礼してきました

というよりは、海が見たくなったので眺めてきたのですが。この日は静かな太平洋でした。そういえば凪あすは海辺なのに鳶のでてくるシーンがないですよね。鴎は出てくるのですが。 日曜に近鉄で松阪へ、そこからレンタカーで波田須・新鹿へ。アタシカは今まで…

「あきすい」第一回公演に行ってきました

一昨日昨日と東京にいました。 いやぁついに念願かなっての「三日月の舞」生演奏を聞いてきました。やはり吹奏楽の生演奏には特別な価値があるというか、全身に魂に響いてくるものがあります。 そして勢いで全CD購入。 (なんでいつもホルンの娘なんだろう……)…

凪のあすから

二年前のアニメについて語るのもなんなのですが、友人にすすめるついでに一気見したら泣いてしまったもので。一応リアルタイムでも見ていたのですが、最初は美術が綺麗な作品だなという感じで見ていました。それが途中から世界観に引きこまれ、人間ドラマに…